« 命の重さ、生きる重さ | トップページ | 柿の種クランチ »

「アントキノイノチ」読みました

がんばろうにっぽん(◎´∀`)ノ

さだまさし著「アントキノイノチ」読みました。

すごくいい。

とってもいい。

120305_072104

杏平はある同級生の「悪意」をきっかけに二度、その男を殺しかけ、高校を中退して以来、他人とうまく関われなくなっていた。遺品整理会社の見習いとなった彼の心は、凄惨な現場でも誠実に汗を流す会社の先輩達や同い年の明るいゆきちゃんと過ごすことで、ほぐれてゆく。けれど、ある日ゆきちゃんの壮絶な過去を知り…。「命」の意味を問う感動長篇。

遺品整理業かぁ・・・すごい仕事だね。

「天国へのお引越しのお手伝い」だって・・・こんなこと言える?

マジ、すごいよ

キーパーズって会社ホントにあるんだね、小説の中ではクーパーズだけどね

http://www.keepers.jp/#page_top

確かに感動する。

映画見たくなっちゃった。

「あの時の命」・・・

「アントキノイノチ」・・・

「アントニオ猪木」・・・

やや失笑・・・これも作者の照れかなぁ・・・てへぺろ」

この作品は、走召ーお薦めだね

« 命の重さ、生きる重さ | トップページ | 柿の種クランチ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

私も読みました(^^)v

たしかに映画も見たくなっちゃったです!

最近読んだものでは「真夜中のパン屋さん」も
面白かったです。

それと話は変わりますが、いろいろ食べ歩きされている
ようなので、一度、浜松の中沢町にある「中々」という
もつ鍋屋さんに行ってみてください。
カウンターで足湯につかりながら飲み食いするという
システムがちょっと面白いですよ(#^.^#)

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「アントキノイノチ」読みました:

« 命の重さ、生きる重さ | トップページ | 柿の種クランチ »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ