住まい・インテリア

私のお気に入り掃除用具

私のお気に入り掃除用具は、ダスキン風呂化粧室用スポンジ(2個入り)Xfthvbdfyhdg

アルミ微粒子の力で、しつこい湯アカや水アカをすっきり落とします。2個セットなので浴室に1つ、洗面台に1つどうぞ。

しつこい湯アカ、石けんカスをアルミ微粒子がすっきり洗い落とします。洗面台、蛇口を使うたびに洗面ボウルや蛇口をこすっておけば、水アカなどの汚れがたまりません。抗菌加工済みで柔らかな素材。入り組んだところもすみずみまで届く薄型です。Svdtyst 洗剤と併用するともっと効果てきめん。但し中性洗剤しか併用できません。

こんなにかわいらしいスポンジで本当にきれいになるかと、最初は思ったけど、すごいです。もう離せません。絶対におすすめです。

お客様の御要望

家事お手伝いサービスでは、お客様のご要望に合わせてお掃除をしています。リビングなどのフローリングは、モップ掛けや掃除機掛けと拭き掃除がありますが、私たちのお客様は、モップと掃除機と拭き掃除を要望する人が多いです。お客様の年齢にも関係するのでしょうか、拭き掃除をすると、「とてもさっぱりしてキレイだよ、ありがとう。」とおっしゃいます。やってる私たちは大変ですが、にっこり微笑んでくれると、やっててよかたなあといつも感じます。

もしかしたら、モップ掛けをしていればそんなに拭き掃除は必要ないかもしれないのに、笑顔が見たくて、今日も張り切ってやってきました。私もお客様も「満足、ウフ」

Photo

おそうじのコツ

おそうじの基本4原則です。Photo

1自分でできる範囲でおそうじ計画を立てる

一度にあれもこれもやろうと欲ばりすぎると、途中でイヤになってしまうもの。夜になってもまだ終わらない、なんて無理な計画は立てないこと。まず、おそうじを毎日する場所、週1回でいい場所、月1回念入りにする場所、に分けましょう。そして、毎日のおそうじは20~30分でもいいから、必ず実行。自分の生活の中に習慣づけていくことが、長続きするコツです。掃除機がけなどは、動線を考えてから始めれば、効率もアップ。

2汚れはため込まないで、軽いうちに落とす
たとえば、ガスレンジのふきこぼれ。放っておくと、こびりついて落ちにくくなり、後始末が大変。家の中のホコリだって油断は禁物。時間がたつと、頑固な汚れやシミになってしまうからです。汚れがついたら軽いうちに、手早くこまめに取り除く。これを心がければ、おそうじは簡単にすみます。
もうひとつ大事なことは、落としたい汚れの種類と状態を知ること。どんな汚れかによって、どの洗剤や道具を使えばいいのかがわかります。

3おそうじ部分の材質チェックをお忘れなく
床ひとつとっても、合板のフローリング、白木、ビニールなど材質はいろいろ。汚れたからといって、洗剤をつけてゴシゴシ拭けばOK、というわけではありません。もし、その材質に合わない洗剤を使ったり、間違ったやり方をすれば、せっかくの努力も台なし。汚れが落とせないどころか、材質を傷つけたり、変色や脱色を起こすことも…。そんな失敗をしないためにも、材質(素材)のチェックはとっても大切なポイントなのです。

4洗剤や道具の特徴を知って、上手に使いこなす
ラクにキレイにするために欠かせないのが、おそうじ用の洗剤や道具類。汚れと材質に合わせて、効果的に使うためには、特性や正しい取り扱い方を知ることが一番。どの洗剤をどのように薄めて、どの道具で、どれくらいの時間、使用すればいいのか。なんてことも、基礎知識があれば判断できます。迷った場合は、影響の少ない洗剤・道具から始めて、汚れの落ち具合と材質への影響を見ながら、徐々に強力なものを試していきましょう。

週末の掃除洗濯は嫌

週末の掃除洗濯は嫌だと思っている共働きの主婦が多いそうです。「せっかくの週末が家事(掃除洗濯など)に追われる生活はもう嫌」と考えているようです。そんな傾向になって家事お手伝いサービスの需要が近年増えているようです。市場規模は2000年では500億円だったけど、2010年には1000億円規模に拡大する見通しだそうです。

家事代行サービスの会社は年々増えてきて、みんな工夫して低価格や付加サービスをしています。サラリーマンの平均小遣いが45000円、飲み代が20,000円、少し家計を工夫すれば、家事お手伝いサービスの料金は捻出できます。我が社のサービスは2時間5250円です。

しかし、最大のライバルは携帯使用料金かな、と思っています。家事より携帯の方が優先順位が高いんじゃないかな。みなさんは、どう思います?

お掃除のコツ(トイレ編)

Sgrtyfertywtryw_2 汚れや黄ばみが目立つ場合は次の手順で。

1.
ドアや窓を開け、換気扇をまわして換気をよくします。

2.
ゴム手袋をはめ、液がたれないよう端の部分を少し折り返します。

3.
便器内にたまっている水をぞうきんでバケツに移し、便器の中を空にします。

4.
便器内の汚れの部分にトイレ用洗剤(酸性タイプ)をつけ、その上からトイレットペーパーを貼りつけます。この場合、便器の縁の内側に汚れがたまっていますので、同様にトイレットペーパーに洗剤を含ませて貼りつけておきます。
[ アドバイス ]
トイレ用洗剤(酸性タイプ)が塩素系の洗剤と混ざると危険です。クレンザーのなかには塩素系の洗剤が配合されたものもあります。使わないよう注意してください。

5.
そのまま30分くらい放置した後、トイレ用ブラシ(柄付きブラシ)でこすります。


汚れがとれない場合は、(4)(5)を繰り返して行います。

6.
それでも黄ばみがとれない場合は、水で湿らせた平織りの布にクレンザーをつけ、汚れの部分をゴシゴシこすります。とれにくい尿石などの汚れは、耐水ペーパー(1000~1500番)でこすりとります。

7.
黄ばみや尿石がとれたら、トイレットペーパーで汚れや洗剤を拭きとります。使ったトイレットペーパーは、便器に流さずゴミとして捨ててください。

8.
その後、水をたっぷり流して便器内をきれいにします。

9.
便器のまわりは、水に浸し固く絞ったぞうきんでていねいに拭いておきます。

ふとん丸洗い

ふとんの天日干しの時に、ふとんを叩くのはダメですよ。知ってました?ふとんを叩くことでダニのフンが砕かれてふとんの表面に浮いてきます。アレルギーの原因を増やすことになり、アレルギーの症状もひどくなるようですよ。今日からふとんは叩かないようにしてね。

大人が一晩寝ると、平均200ccの汗をかきます。汗を通して汚れが中綿までしみこんで蓄積します。

ダニのフンや死骸がアレルギーの原因に挙げられています。ふとんはダニの天国です。

その対策は、ふとんの丸洗いしかないようです。しかも水洗いじゃないとダメ、ドライでは汚れが落ちないようです。

ここでコマーシャル、ダスキンのふとん丸洗い宅配サービスが便利です。私も利用していますけど、洗って届いたふとんは、キレイでフカフカですっごく気持ちいです。これは、新しい健康生活習慣になりますよ。それに宅配サービスだから玄関で受け渡しが出来るのでらくちん。

お部屋のキレイと同じように、ふとんもきれいに洗いましょう。

家事お手伝いサービスメニュー

私がする家事お手伝いのメニューは、・庭掃除・庭のはき掃除・床拭き・ホコリ取り・掃除機かけ・水回りの掃除・洗濯・洗濯物を干す、取り入れ、たたむ・クリーニングを出す、引き取る・食器洗い・おなべなどの調理器具洗い・衣替え・押入れ整理・布団干し・アイロンかけ・買物・花の水やりなどを、お客様の要望にあわせて2時間単位で定期的に行っています。

やっぱり、お掃除とか、キッチンや浴室のクリーンアップが多いです。時間に追われて結構、汗をかきます。でも、お客様が喜んでくれるので私もうれしいです。

汚れる前に、汚れ防止アイテム

キッチン流しの排水口は、すぐに汚れたりヌメリが発生しますよね。そんなときは、ダスキンの「天然抗菌・水切りネット」がおすすめです。

  1. 通気性のよいメッシュ素材で水切れがよく、茶カス、コーヒーカス、味噌汁、煮汁などの細かいカスの汚れもしっかりキャッチするので、排水による河川の汚染防止に役立ちます。
  2. 丈夫で伸縮性にも優れ、きっちり結んで捨てられます。
    ゴム入りで排水口のゴミ受けや、三角コーナーにぴったりフィット。
  3. カニの甲羅から抽出した天然抗菌剤キトサン処理を施しました。ヌメリやにおいの原因である雑菌の繁殖を抑制します。
  4. 環境にやさしいエコロジー商品です。
    燃えるゴミとして捨てられます。
  5. 浅型は深さが10cm以下の排水口用。
    丸、四角、楕円などさまざまな形状の浅型の排水口用バスケットに対応できます。

Djhfvisufhiwf Scfgwstrga おそうじ苦手な人にはおすすめです。だって、汚れないしヌメリがでないし、優れものですよ。

年末大掃除

年末大掃除は、たくさんのお家をお掃除しました。

やっぱり、キッチンのお掃除が多かったです。Photo

レンジフードの油汚れは、やっかいですよ。

ここで、突然ですがお掃除の基本、ワンポイントアドバイス(ちょっとエラそうかな)しちゃいます。

洗剤を使うときは必ず、ゴム手袋を使いましょう。その際、袖は折り返して使うと、液ダレがしません。・・・もうやっていますよネエ。

Img_yuka04

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ